大阪・難波(なんば)日本橋の心療内科、精神科の病院『いちメンタルクリニック』境界性人格障害(境界性パーソナリティ障害),うつ病,ADHD(発達障害),双極性障害(躁うつ病),パニック障害,不安障害,強迫性障害,ストレス障害,統合失調症,摂食障害,適応障害などお気軽にご相談ください。

不登校

● 不登校について

どんな病気?

不登校とは?

不登校は病気ではありません。
心理的要因などから「学校へ行かない」「学校へ行けない」状態のことを指します。
子供は大人が考えるよりも感受性が豊かであり、日常のほんの些細な出来事にさえ心を揺らし、悩み、苦しんでいます。
それらの現実をなんとか解決するために、子供が選んでしまう選択肢のひとつが『不登校』なのです。

▲ページ内TOPに戻る

特徴

不登校の特徴

体の不調を訴え行きしぶることや、実際に頭痛、吐き気、腹痛などの症状が出る、登校のことを考えると眠れなくなってしまう、朝起きられないなどがあります。さらに状態が進んで慢性化すると不登校が連日続き、生活リズムも乱れ、昼夜逆転することや、外に出ることを避け社会とのかかわりを断ち孤立してしまう「引きこもり」状態に至り様々な問題が生じてくることも考えられます。

▲ページ内TOPに戻る

発症する原因

不登校が発症する原因

学校生活によるトラブル
クラスメイトからのいじめや、学校生活にうまくなじめないなどが原因です。
特に「いじめ」が原因の場合は、子供が両親に伝えることが難しいというストレスもあります。
無気力
不登校の原因で最も多いのは「無気力」によるものといわれています。親からの過度な期待や、勉強についていけないなどの理由からすべてにおいてやる気がなくなってしまう状態です。
こころが未発達
両親と離れることへの不安や、テストなど自分が苦手なことがあると学校に行きたくなくなってしまうのが原因です。学校に行くというルーティーンが最も身につきづらいタイプでもあり、小学生の児童に多く見受けられるのも特徴です。長期間のサポートで子供の内面をケアしていく必要があります。

▲ページ内TOPに戻る

治療法

不登校の治療法

不登校は本人の持って生まれた性格や資質、生育環境、社会環境などが複雑に絡み合って起こると考えられています。
また思春期もしくは思春期に入りかけているデリケートな時期であり理由を聞きだすことが困難なケースが考えられます。
不登校の治療の目的は「学校に行かせること」ではなく、「原因を突き詰め改善を図ること」です。
まずは心身の状態を詳しくヒアリングし、精神療法(カウンセリング)、薬物療法、デイケアなど症状に応じた治療方法を実施いたします。

▲ページ内TOPに戻る

診療時間

いちメンタルクリニック  担当医表はこちら

診療時間
午前 10:00~13:00
午後 15:30~19:00

休診日土曜午後、日曜、祝日

いちメンタルクリニック日本橋 担当医表はこちら

診療時間
午前 10:00~13:00
午後 15:30~19:00

★:土曜の診療は9:00〜13:00となります。
休診日火曜、土曜午後、日曜、祝日

いちメンタルクリニックデイケア  デイケアの詳細を見る

診療時間
午前 10:00~13:00
午後 16:00~19:00

★:水曜・金曜の午後診療は13:00〜16:00となります。
休診日火曜、土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内

■ いちメンタルクリニック

〒542-0073
大阪市中央区日本橋1-17-17ピカソ日本一ビル2階

TEL.06-6645-7830

地下鉄千日前線、堺筋線、
近鉄難波線「日本橋駅」⑩番出口上がって目の前

■ いちメンタルクリニック日本橋

〒542-0073
大阪市中央区日本橋1-3-1 三共日本橋ビル5階

TEL.06-6213-7830

地下鉄千日前線、堺筋線、
近鉄難波線「日本橋駅」②番出口上がってすぐ

■ いちメンタルクリニックデイケア

〒542-0073
大阪市中央区日本橋1-3-1 三共日本橋ビル6階

TEL.06-6213-7830

地下鉄千日前線、堺筋線、
近鉄難波線「日本橋駅」②番出口上がってすぐ